コンタクトレンズの中で最も眼病になりやすいのはどのタイプ?

一口にコンタクトレンズとは言っても、

本当にいろんなタイプがありますよね。

 

たとえば、ハードコンタクト・ソフトコンタクト、

1日使い捨てから1週間連続装用、1ヶ月使い捨てなど、

そのバリエーションが本当にさまざまですよね。

 

どのタイプにもメリット・デメリットがありますが、

気になるのは「眼病」です。

 

どのタイプが一番眼病になりやすいんでしょうか?

 

寝る時もOK!?1週間連続装用はもっとも危険

どんなタイプのコンタクトを使うにしても、

まず一番気になるのがその安全性です。

 

眼病は結膜炎や角膜障害などいろんな種類がありますが、

どれにしてもやっかいなものばかりなのでできるだけ予防したいものです。

 

でも、使うコンタクトの種類によっては

眼病になりやすいというものもやっぱりあるんです。

 

ズバリ、

一番眼病になりやすいのは

「1週間連続装用タイプ」

です。

 

1週間連続装用タイプというのは、

その名の通り1週間ずっと付け続けられるというタイプ。

 

だから寝ている間もそのままつけていてOK(!)

というコンタクトレンズになります。

 

たとえば、ジョンソンアンドジョンソンの

「アキュビュー」というコンタクトレンズなんかがこのタイプになりますね。

 

1日使い捨てのワンデー以外のタイプなら、

毎日洗浄などのお手入れをしなければならない…というのが一般的ですが、

1週間連続で装着し続けるなんて大丈夫なの!?

って思っちゃうんですが…やっぱり、大丈夫ではないようです(笑)

 

眼病になる確率としては、

約15%とやっぱり高めの数字になってしまうんですね。

 

お手入れはしっかり!眼病予防にワンデーと使い分けて

…こういったこともあって、

最近では1週間連続装用タイプのコンタクトは

あんまり見かけなくなっているんですね。

 

よくコンタクトレンズをつけっぱなしにして寝てしまった…

という人にとっては、寝ている間にも関わらず

1週間連続でつけられるこのタイプは便利~!

と思うかもしれませんが…やっぱり、

眼病になりやすいというのはちょっと抵抗がありますよね。

 

ちなみに、眼病になりやすい順番としては

「1週間連続装用>ソフトコンタクト>2週間使い捨て>ハードコンタクト>1日使い捨て」

となっているようです。

 

眼病になってしまう一番の原因は、

レンズのお手入れ不足なんだそうです。

 

最初はちゃんとお手入れをしていても、

ちょっと面倒だな~…というときはこすり洗いをしなかったり、

ちゃんと洗浄液につけていなかったり…ということがあったりしますよね。

 

だから、お手入れ不要の1日使い捨てが

一番眼病になりにくいというわけなんですね。

 

毎日きちんとお手入れできる!

という人はコスト面も考慮して長期間使うことのできるタイプを

使っても良いのですが、

自分はズボラだから毎日のお手入れは自信ないな~…という場合は

1日使い捨てタイプのコンタクトを使うことをオススメします。

 

眼病になると治るまでの間しばらくは

コンタクトをつけることもできませんし、

治療にも時間がかかったりメガネが必要になったりと、

いろいろ不便になるので自分にピッタリのコンタクトを使って

眼病をしっかり予防しましょう!

PR