目の表面を覆っている涙、コンタクトレンズを装着するとどうなる?

普段、目の表面ってうるおっていますよね。

これは、目が乾かないように常に涙に覆われているからです。

 

視力矯正のためにメガネをかけてもこれは変わりませんが、

では、コンタクトレンズをつけるとどうなるんでしょうか?

 

コンタクトレンズをつけると、

しばらくすると「目が乾く」「乾燥して目が痛い」

ということもありますよね。

 

ではこのとき、目を覆っている涙はどうなるんでしょう?

 

ハードコンタクトは涙の表面にプカプカ浮いてる

コンタクトレンズをつけたときに

目が乾きやすくなってしまうかどうかというのは、

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズとで

ちょっと違いがあります。

 

まず、ハードコンタクトレンズの場合には、

涙の表面にコンタクトレンズが

浮き輪のように浮くような感じになります。

 

だから、空気・ハードコンタクト・涙・角膜

という順番になりますね。

 

ハードコンタクトの場合、

まばたきするとズレやすいなんて言われるんですが、

このように涙に浮いているというのが理由なんですね。

 

でも、それゆえに

目の表面を涙が循環しやすい環境になるので、

ソフトコンタクトレンズに比べると

目が乾きにくいというメリットがあるんですね。

 

ソフトコンタクトは涙が蒸発するから乾燥しやすい…

それに対してソフトコンタクトレンズはどうでしょうか?

 

ハードコンタクトレンズの場合だと、

涙の上にぷかぷか浮くというイメージだったんですが、

逆にソフトコンタクトレンズは

涙の中に沈みこむようなイメージになります。

 

ソフトコンタクトレンズ自体が

涙に包まれるといった感じでしょうか?

 

なので、ズレやすいハードコンタクトレンズと違って、

ソフトコンタクトレンズはまばたきをしても

ズレるという心配があまりいらなくなっているんですね。

もちろんズレることもありますけどね。。

 

そして、涙に沈み込むというソフトコンタクトレンズは、

レンズ表面に涙の層が

うっすらとできることになります。

でもこの層はと~っても薄いので、

涙はすぐに蒸発してしまいます。

 

ハードコンタクトレンズに比べて

ソフトコンタクトレンズをつけたときに

目が乾きやすいということが多いのは、

この涙が蒸発しやすいということが原因なんですね。

 

ソフトコンタクトは水分が多く含まれているというのも

目が乾きやすくなる原因だったりもします。

 

ソフトコンタクトレンズは種類も多いですし、

コンタクト初心者でも簡単に取り扱うことができて

便利なんですが、

目が乾きやすいというデメリットがあるんですね。

 

逆に、ハードコンタクトレンズは

目が乾きにくいけど装用感に慣れないということもあるので、

眼科で相談してみたりして、

いろいろ試してみるのも良いでしょう。

PR

2013年12月6日 目の表面を覆っている涙、コンタクトレンズを装着するとどうなる? はコメントを受け付けていません。 ドライアイ