シリコーンハイドロゲル素材が目の健康にいいといわれる理由とは?

誰もが使っているコンタクト。

眼鏡のように煩わしくなく、

ファッションやメイクなどを邪魔することもなく

スマートな印象になれますよね。

 

しかし、そのコンタクトが目の健康を脅かすかもしれない存在だとしたら

あなたはどうしますか?

 

そんなコンタクトユーザー必見なのが、

シリコーンハイドロゲルという素材を使ったコンタクト。

 

目の健康に良いと言われている素材なのですが、

その詳しい理由をご紹介します!

 

コンタクトって目にとって良くないものなの?

コンタクトというのは、

視力矯正のために使われるものですよね。

 

視力の悪い方にとってはなくてはならないアイテムだと言えます。

 

しかし、そんなコンタクトは目の健康面においては

あまり良いとは言えないものなんです。

 

というのも、目の表面にある角膜と呼ばれる部分は血管がありません。

私たちの体は、口で呼吸した酸素や消化した栄養分を

血液に乗せて体中に行き渡らせていますよね。

 

その血管がない目は酸素や栄養分が届かないというわけですから、

直接外気から酸素を取り入れるしかありません。

 

そこに、コンタクトで蓋をしてしまったらどうでしょうか。

 

酸素を取り入れる手段を失った目は、

なんとか他の部分から栄養や酸素を供給するように働きます。

これにより、目の奥の血管がせっせと働くため充血が起こるというわけなんですね。

 

酸素不足になると充血だけでなく、さらに恐ろしい病気にかかってしまうことも。

 

血管がないはずの角膜に、

酸素不足を解消するために新しく血管が出来上がってしまうという

角膜新生血管」や、角膜を支えている

角膜内皮細胞」が傷ついて減ってしまい、

二度と元に戻らないという事態に。

 

これらはすべて、目の酸素不足から起こりうることなんです。

 

コンタクトの欠点を回避!シリコーンハイドロゲルのコンタクト

シリコーンハイドロゲルという素材のコンタクトが

目の健康に良いとされる理由。

 

それは、ズバリ酸素透過率に優れたコンタクトだからです。

 

前述のとおり、目の酸素不足によってさまざまな病気が引き起こされてしまいます。

ですから、酸素が瞳にしっかり行き渡っていれば、

コンタクトをしてもトラブルは起きにくいと考えられます。

 

シリコーンハイドロゲルは、

素材自体が酸素をたくさん通すものなのでコンタクトにピッタリの素材。

 

目の健康に良いと言われているのは、

このことが理由だったんですね。

 

ただ、シリコーンハイドロゲルは人によって合う・合わないがあります

合わないまま付け続けるのは、逆にアレルギー反応を起こしてしまったり、

付け心地が悪かったりと目のためにも良くありませんのでご注意を。

 

ちなみにこちらの記事でシリコーンハイドロゲル素材の

コンタクトレンズを一覧にしてみたのでチェックしてみてください。

PR