サンドイッチ製法とキャストモールド製法はどっちの方が安全?

くりっとした瞳になれるフチつきのサークルレンズや、

今やとんでもないような柄・色がデザインされているものもあるカラーコンタクト。

 

若い女性にとっては、つけまつ毛と並んで、

なくてはならない存在となっているアイテムですが、

このカラコンには大きく分けて2つの製法があります。

 

どっちの方がよりメリットがあるの?より安全に使えるの?

カラコンを使う前に、しっかりチェックしておきましょう。

 

「安全性>つけ心地」ならサンドイッチ製法

まず、カラコンの製法、作り方なんですが大きく2つあると言いましたね。

それは「サンドイッチ製法」と「キャストモールド製法」という

製法になります。

 

一般的にカラコンやサークルレンズの作られ方は、

このどちらかになります。

 

さて、どちらの製法にもそれぞれメリットがあるんですが、

「安全面」に関しては、どちらの方が良いんでしょうか?

 

まず、サンドイッチ製法というのは、

その名の通り色素をレンズでサンドイッチしてしまう方法です。

だから構図としては「レンズ素材+色素+レンズ素材」というふうになりますね。

 

これをプレスして、1枚のレンズにしていきます。

ズバリ、安全性の面で言うとこのサンドイッチ製法が最も安全な製法になります!

 

レンズで色素を挟み込んで作るので、

色素の成分が直接瞳に触れることがありませんよね。

法律が改正される前だと、

カラコンは今のように規制が厳しくなかったので

色素が目に流れ出してしまって、

目のトラブルになったということも実はあったんです。

ニュースにもなりましたしね。

 

でも、このサンドイッチ製法ではそんなこともなく、

長時間・長期間つけていても色素が流れ出して

トラブルになるということがないんですね。

 

でも、サンドイッチ製法は2枚のレンズに色素を挟み込む方法なので、

どうしてもレンズに厚みが出てしまうというデメリットがあります。

 

レンズに厚みが出てしまうと、

それだけ瞳に分厚いフタをしてしまうということなので、

酸素が行き渡りにくかったり、

つけた感じも違和感を感じやすくなってしまうというデメリットもあるんです。

 

「つけ心地>安全性」ならキャストモールド製法

次に、キャストモールド製法のカラコンです。

キャストモールド製法というのは、

レンズのもととなる素材と一緒に色素を型に流し込んで

固めるという製法です。

 

こう聞くと、ちょっと安全性は大丈夫なの?

と思ってしまうかもしれませんが、

その辺はちゃんと考えてあるんです!(笑)

 

というのは、キャストモールド製法のカラコンの場合、

色素が直接目に触れないように、しっかりとコーティングしてから

レンズ素材に流し込みます。

ちなみに、このように色素をコーティングすることを「ラップイン」というそうですよ。

 

つまり、キャストモールド製法のカラコンというのは

このラップインされているということが前提になっているんですね。

そうでなければ、つけているうちに色素が

流れ出してしまうかもしれないという可能性がありますもんね!

 

ちなみに、キャストモールド製法のメリットというのはその薄さです。

 

2枚ぶんの厚みがあるサンドイッチ製法と比べても、

1枚ぶんの薄さのままつけられるキャストモールド製法のカラコンは

つけ心地がサンドイッチ製法よりもいいそうです。

 

ということで、サンドイッチ製法でもキャストモールド製法でも

直接目に色素が触れてしまうということはないんですが、

より安全性を求めるのならばサンドイッチ製法、

つけ心地を重視するのならキャストモールド製法のカラコンを使ってみると良いでしょう。

PR