遠近両用コンタクトへの乗り換え、老眼鏡の併用、どっちがいい?

誰もが避けて通れないのが、老化です。

どんなに美しい女性でも、どんなにカッコ良い男性でも、

年を重ねれば重ねるほど老いていくということは

いつの時代もどんなときも変わることのない事実です。

 

そんな老化現象のひとつなのが、老眼です。

 

コンタクトレンズユーザーの老眼が進行していったとき、

老眼対策として

「遠近両用コンタクトへの乗り換え」と「老眼鏡の併用」の2つがありますが、

どちらのほうがいいのでしょうか?

 

老眼に良い遠近両用コンタクト、デメリットも?

老眼というのは近く・手元がぼやけて見えにくい状態になってしまい、

反対に遠くが見えやすくなるという症状です。

 

老化によって目の筋肉の働きが衰えてしまうので、

ピントをなかなか正常に合わせることができなくなるために

起こってしまうんですね。

 

さて、そんな老眼ですが、

コンタクトレンズユーザーの老眼が進行してしまったとき。

あなたならどうしますか?

 

老眼対策には、主にこの2つの選択肢があると言われています。

 

ひとつは、今使っている通常のコンタクトレンズから、

遠近両用コンタクトレンズへと乗り換えること。

 

もうひとつは、今使っているコンタクトレンズはそのまま使い続け、

近くを見るときだけ老眼鏡をかけるというもの。

 

いったいどっちの方が良いんでしょうか?

 

ハッキリ言ってしまえば、

どちらにしてもちょっとした不満は残念ながら残ってしまいます。

 

まず、遠近両用コンタクトレンズから。

遠近両用コンタクトレンズへと乗り換えた場合には、

確かに手元や近くのものがよく見えるようにはなるものの、

逆に遠くを見る能力が今までよりも低下してしまう可能性が高いです。

 

また、いくら手元や近くが見えやすくなるとは言っても、

裸眼のときのように見やすいというわけではありませんよね。

 

それと、遠近両用コンタクトを装着しての夜間の運転は危険だとも

言われていたりします。

 

そういったことを考えると、

遠近両用コンタクトレンズは一概に便利だとは言えないかもしれないんですね。

レンズの性能がまだまだ発展途上という問題もあります。

 

まずは遠近両用コンタクトを使用→ダメなら老眼鏡併用で

そしてもうひとつの選択肢、

いつものコンタクトレンズを使いながら老眼鏡を併用するということ。

 

これなら慣れているいつものコンタクトレンズを

使いながら視力矯正できるし良いかも!

と思われるかもしれません。

 

でも、こちらはまずメガネ(老眼鏡)が必要となってきますよね。

また、これまでコンタクトレンズをずっと使ってきたので

メガネをかける経験があまりないという人にとっては、

いちいちメガネをかけないといけないということがストレスになることも。

 

老眼鏡を用意したら、

いつ必要になるかもわかりませんから

常に持ち歩かないといけないので

荷物になってしまうという問題もあります。

 

だから、どっちが良いというのを決めつけるよりも、

まずはどちらも試してみるというのがいいと思います!

 

まずは使い捨ての遠近両用コンタクトレンズを試してみて、

しばらくたってもどうしても慣れない、

見え方や具合が良くないという場合には、

老眼鏡と普段使っていたコンタクトレンズとを併用するのが

良いのではないかと思います。

 

ちなみに、使い捨ての遠近両用コンタクトレンズは

ワンデータイプもあります。

 

クーパービジョンのプロクリアワンデーマルチフォーカルとかですね。

なかなか評価もいいみたいなので気になる人はぜひ試してみてください。

PR

2013年12月16日 遠近両用コンタクトへの乗り換え、老眼鏡の併用、どっちがいい? はコメントを受け付けていません。 遠近両用コンタクトレンズ