角膜内皮細胞が減少すると一体どんな問題がおきるんでしょうか?

目の角膜。

つまりは黒目の部分のことなのですが、

その内側には「角膜内皮細胞」というものがあります。

 

その角膜内皮細胞。

減るとまずい!

と言われているのです。

 

角膜内皮細胞が減少すると 一体どんな問題がおきるんでしょうか?

「角膜内皮細胞が減少すると一体どんな問題がおきるんでしょうか?」の続きを読む…

眼病

コンタクトレンズの含水率は目にどんな影響を与えるのか?

使い捨てコンタクトレンズなどのソフトコンタクトレンズには

水分が含まれています。

 

レンズふにゃふにゃですもんね。

どれくらい水分が含まれているのかは「含水率」という

数字で表されるのですが、

含水率は目にどんな影響を与えるんでしょうか?

 

「コンタクトレンズの含水率は目にどんな影響を与えるのか?」の続きを読む…

防腐剤の入っていないヒアルロン酸入り目薬を探しているならこれ。

目がとにかく乾く、

ちょっとした間でも目を開けていられないドライアイ。

 

デスクワークの人が多くなったことや、

冷暖房の影響で目が乾いてしまうドライアイになってしまう人が

とても多くなっていますよね。

 

そんなドライアイに有効だと言われるのが、

ヒアルロン酸入りの目薬。

 

でも、これってソフトコンタクトレンズの上から

点眼しちゃいけないって言われるけど、

どうしたら良いの??

 

「防腐剤の入っていないヒアルロン酸入り目薬を探しているならこれ。」の続きを読む…

目薬

遠近両用コンタクトへの乗り換え、老眼鏡の併用、どっちがいい?

誰もが避けて通れないのが、老化です。

どんなに美しい女性でも、どんなにカッコ良い男性でも、

年を重ねれば重ねるほど老いていくということは

いつの時代もどんなときも変わることのない事実です。

 

そんな老化現象のひとつなのが、老眼です。

 

コンタクトレンズユーザーの老眼が進行していったとき、

老眼対策として

「遠近両用コンタクトへの乗り換え」と「老眼鏡の併用」の2つがありますが、

どちらのほうがいいのでしょうか?

 

「遠近両用コンタクトへの乗り換え、老眼鏡の併用、どっちがいい?」の続きを読む…

コンタクトレンズとまばたき、ドライアイとの関係についての話

あなたは、ドライアイですか?

突然の質問ですが(笑)

コンタクトレンズを使っている人の約半数はドライアイだと言われています。

 

コンタクトレンズを使っているユーザーは

今や数え切れないほど多いですし、

カラーコンタクトなどのおしゃれ用のものを使っている人を含めると、

本当にたくさんの人が使っていますよね。

 

さて、今回はこのコンタクトレンズ・ドライアイと

「まばたき」についてのお話をひとつ。

 

「コンタクトレンズとまばたき、ドライアイとの関係についての話」の続きを読む…

左右の度数をわざとズラすモノビジョンのメリットとデメリットとは?

みなさんは「モノビジョン」っていう言葉を聞いたことはありますか?

あまり聞き慣れないという方が多いと思うんですが、

これは老眼を矯正するための方法なんです。

 

老眼って、老眼鏡をかけないとダメだとか、

専用のコンタクトレンズじゃないとなかなか矯正できない

と思われがちなんですが、

このモノビジョンを行えば老眼が矯正できるって言われているんです。

どんな方法なんでしょうか?

 

「左右の度数をわざとズラすモノビジョンのメリットとデメリットとは?」の続きを読む…

老眼