目の酸素不足と目が乾くドライアイって関係あるんでしょうか?

コンタクトレンズをずっと使っていると

「目が乾く…」というドライアイになる人が増えますね。

 

デスクワークなどをしている人は特に多いですし、

またなんとなーく目が酸素不足という感じがして、

目が疲れやすくなったりしませんか?

 

このドライアイと酸素不足、

一見するとまったく別物のトラブルですが、

何か関係があるんでしょうか?

 

ドライアイは乾燥だけでなく目の酸素不足にも…

まず、目にとってやっかいなのがドライアイ。

このドライアイがズバリ、すべての元凶と言っても過言ではありません。

 

ドライアイになるとどうなるのかというと、

目の表面に涙がじゅうぶんに行き渡らないという部分がでてきてしまいます。

この涙が行き渡らずに干上がった部分をドライスポットと言います。

 

私たちの体というのは、

基本的に血管の中の血液によって

酸素や栄養が流れて運ばれていきますよね。

 

でも、目の表面である角膜には、

実は血管がありません。。

なので、目は空気から直接酸素を取り込んでいるんです。

 

また、それだけでなく涙の中にある酸素も取り込んでいます。

涙は、ムチン層・涙液層・油層という3つの層からできているんですが、

この真ん中にある涙液層には酸素や栄養素がたくさん含まれていて、

ここから目に酸素が届くというわけなんです。

 

でも、ドライアイになって

先ほどのドライスポットが増えてしまうと、

涙液層のバランスもおかしくなって、

酸素がなかなか供給できなくなってしまうというわけなんです!

 

これが、ドライアイになることによって

目が酸素不足になりやすくなるという構図です。

 

ドライアイの人、見落としがちなコンタクトの脂汚れには注意!

ちなみに、コンタクトレンズをしていると

ドライアイになりやすい原因として、

他にも意外な原因があるんです。

 

それは、コンタクトレンズ表面の汚れ。

 

コンタクトレンズについてしまう汚れというのは、

目やにや目の中のたんぱく質などがありますが、

それ以外にも脂質汚れ、つまり油の汚れがあるんですね。

 

この油汚れっていうのは、水を弾いてしまいますよね?

 

つまり、コンタクトレンズの表面が

脂質によって汚れているというときは

涙を弾いてしまうため、

そこがドライスポットになりやすい、

ということなんです。

 

この油汚れですが、

脂質汚れ以外にもメイクの汚れなんかも含まれます。

特に目のギリギリまでラインを引いてメイクするという人は

汚れがつきやすいので注意が必要です!

 

ドライスポットを作らないためにも、

コンタクトレンズのたんぱく汚れはもちろんのことですが、

より落ちにくい脂質汚れを

しっかりとこすり洗いで落とすように心がけてみてくださいね。

 

ちなみにレンズについた脂質汚れは普通の洗浄液だと

落ちにくかったりするのでミラフローという洗浄液を

使ってみるのがオススメです。

PR

2013年12月6日 目の酸素不足と目が乾くドライアイって関係あるんでしょうか? はコメントを受け付けていません。 ドライアイ