なぜコンタクトレンズを装着すると目が酸素不足になるのでしょうか?

眼精疲労や眼病の原因になったりする目の酸素不足。

コンタクトレンズを装着することが

酸素不足の大きな原因になると言われています。

 

なんでコンタクトレンズを装着すると

目が酸素不足になるのでしょうか?

 

目の角膜は、血液から酸素を供給できない

コンタクトレンズをすると

目が酸素不足になりやすいっていうのは、

まあある意味当たり前ではあります。

 

目の角膜をコンタクトレンズで

覆ってしまうわけですからね(笑)

 

でも、私達の体って

血液によって全身に酸素を届けていたりもしますよね。

目は例外なんでしょうか?

 

実は、目の角膜の部分は例外なんです!

 

角膜っていうのは黒目の部分ですね。

その部分には実は血管が通っていません。

通っていたら通っていたで問題ですけどね(笑)

視界に赤いラインが見えてしまいかねません。。

 

ちなみに白目の部分には通っています。

充血するのは白目の部分ですからね。

 

そうなんです、

実は目の角膜は血液による酸素供給ではなく、

空気や涙から直接酸素をとりこんでいる部分なんですね。

 

だからこそ、

コンタクトレンズで目を覆うことが

こんなにも酸素不足に直結するわけです。

 

酸素不足を解決したいならシリコーンハイドロゲル

目を酸素不足の原因になるコンタクトレンズ。

そんなコンタクトレンズなんですが、

一口にコンタクトレンズといってもいろいろな種類があります。

 

最近では、目の酸素不足の問題を解決するための

コンタクトも開発されてきています。

 

例えば、酸素透過性ハードコンタクトレンズとかは

裸眼並みに酸素を通せるので目は酸素不足になりにくいです。

 

でもハードコンタクトはちょっと。。

という人も少なくはないと思います。

使い捨てのソフトコンタクトレンズだとどうなのか?

というと、実はあります!

というかかなり増えてきています。

 

シリコーンハイドロゲルという素材を使った

使い捨てコンタクトレンズですね。

 

こちらも酸素透過性ハードコンタクトと同様、

裸眼並みに酸素を通すことができるコンタクトレンズです。

 

ちなみに私もシリコーンハイドロゲル素材の

コンタクトレンズを使ってます。

やっぱり、目の酸素不足による目の疲れがグッと改善されました。

 

夕方になると目が疲れるとか、

目の健康を大事にしたいという人は、

ぜひシリコーンハイドロゲル素材のコンタクトや、

酸素透過性ハードコンタクトを使ってみてください。

PR