1ヶ月使い捨てのコンタクトレンズって2ウィークと比べてどう?

使い捨てコンタクトレンズ。

 

いろんな種類がありますが、

特に1日使い捨てのワンデータイプと2週間つけられる2ウィークが

メジャーとなっていますが、1ヶ月使えるタイプもありますよね。

 

1ヶ月タイプって、2ウィークタイプと比べるとどうなんでしょうか?

お得?安全?使える?

 

気になるいろんなポイントを比較、チェックしてみたいと思います!

 

コスパで選ぶなら断然1ヶ月使い捨てタイプ!

1ヶ月タイプのコンタクトレンズと、

2ウィークタイプのコンタクトレンズ。

 

まず、ズバリ差が出るのはそのお得さです。

 

1ヶ月タイプで特に人気になっているのが、

チバビジョンのエアオプティクスEXアクア(旧・O2オプティクス)という

コンタクトレンズですが、

 

このエアオプティクスEXアクアは、

2枚入りで2000円ちょっとで買うことができます。

 

1ヶ月使えることを考えると、とってもリーズナブルですよね。

 

2ウィークの3枚入りでもだいたい2000円くらいのものが多いですよね?

ということは、同じ値段で2倍の期間使い続けることができるということなので、

コストパフォーマンスのことを考えると

1ヶ月タイプのコンタクトレンズのほうがとってもお得!

ということになりますよね。

 

コンタクトレンズって性能はもちろんですが、

使いやすさとかレンズケアの手軽な方法とかよりも、

まず値段が手頃であることが重要です!

 

というのも、どんなに性能が良くても手を出しにくい価格だと

使い続けることができません。

 

リーズナブルな価格と性能を兼ね備えたものじゃないと、

ユーザーもなかなか使いにくいですよね。

 

性能もバッチリ◎目の健康にもピッタリなコンタクト

そして、とっても大事なポイントがあるんですが…

エアオプティクスEXアクアは使い捨てコンタクトレンズの中でも

最も性能が高いということなんです!

 

具体的にどんなことが優れているのかというと、

まず酸素透過率が一番高いんです。

 

エアオプティクスEXアクアには、

シリコーンハイドロゲルという素材が使われているんですが、

この素材はこれまでのコンタクトレンズに比べて、

桁違いの酸素透過率を誇る素材になっているんです。

 

酸素透過率が高いと、

瞳に酸素が行き渡るので酸素不足が原因の充血や、痛み、ゴロゴロ感の軽減など

いろんなメリットがあるんです。

 

ちなみに、裸眼の時を100%とすると、

なんと99%以上の酸素を通すことができるという

使い捨てコンタクトレンズになっているんです。

 

ちなみに「1か月間連続装用OK」という承認も受けている、

数少ないコンタクトレンズであることも人気のポイント。

 

レンズケア不要の1日使い捨てワンデータイプと比べるのはアレかもしれませんが(笑)

 

やっぱりコストがかかってしまいますし、

レンズケアが必要となる2ウィークタイプと比べると、

1ヶ月タイプはとっても魅力的な選択肢になると思いますよ!

PR

2013年12月14日 1ヶ月使い捨てのコンタクトレンズって2ウィークと比べてどう? はコメントを受け付けていません。 レンズ性能