コンタクトレンズの含水率は目にどんな影響を与えるのか?

使い捨てコンタクトレンズなどのソフトコンタクトレンズには

水分が含まれています。

 

レンズふにゃふにゃですもんね。

どれくらい水分が含まれているのかは「含水率」という

数字で表されるのですが、

含水率は目にどんな影響を与えるんでしょうか?

 

含水率は高ければいいというものでもない

含水率なのですが、

実は高ければいいというものでもないんです。

 

含水率が高いほうが

レンズも水々しくて目がうるおいそうな感じもするんですが、

実はデメリットもあります。

 

それはなにかというと、

目が乾燥しやすい!

ということです。

 

含水率が高くて水々しいのになんで?

って思われるかもしれないですが、

実はその水々しさがアダになってしまうんですね〜。

 

水分って放っておくと勝手に蒸発していきますよね?

コンタクトレンズも例外じゃありません。

 

含水率の高いコンタクトレンズだって、

その水分は時間とともに蒸発していきます。

そうなるとどうなるか?

 

レンズは失われた水分を涙で補おうとするんですね。

つまり、涙がレンズに吸収されます。

目の表面の涙がその分少なくなるので

目が乾燥しやすくなってしまうというわけですね。

 

じゃあ含水率は低いほうがいいの?

じゃあ含水率は低いほうがいいの?

って当然思うと思うのですが、

目の乾燥しにくさでいえばその通りです。

 

含水率が低いほうが失われる水分もすくないので

ドライアイにはいいと言われています。

 

じゃあ含水率低いほうがいいんじゃん!

って思いますが、

ドライアイ以外の視点からみると必ずしもそうではないんです。

 

ドライアイ以外の視点というのは

「酸素透過率」です。

 

一般的なコンタクトレンズの素材って、

水分を多く含んでいるほうが多くの酸素を通すことができます。

 

コンタクトレンズを長時間装着していると

だんだん目が疲れてきたりしませんか?

 

それって、コンタクトレンズによって

目が酸欠になってくるとそうなります。

 

もちろん、目の乾燥も原因のひとつですけどね。

 

なので、

含水率が高いコンタクトレンズは酸素はよく通すけど、目が乾燥しやすい。

含水率が低いコンタクトレンズは酸素をあまり通さないけど、目は乾燥しにくい。

というジレンマがあるんです。

 

ジレンマを解決するシリコーンハイドロゲルという素材

でも、そのジレンマを解決するコンタクトレンズも存在します。

というかその数は増えてきています(笑)

 

シリコーンハイドロゲルという素材を使ったコンタクトレンズですね。

シリコーンハイドロゲルについてはこちらの記事を読んでみてください。

 

簡単に言うと、

シリコーンハイドロゲルは水よりも多くの酸素を通すことができます。

 

つまりは、含水率が低いほうが

より多くの酸素を通すことができるということですね。

 

つまりは、含水率の低いシリコーンハイドロゲル素材の

コンタクトレンズは多くの酸素を通すことができるし、

目の乾燥しにくいということですね!

画期的!

 

もし、目の健康を考えているとか、

ドライアイで悩んでいるということがあれば、

ぜひシリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズを試してみてください。

PR