ハードコンタクトレンズが原因による眼瞼下垂症の予防とその治し方

ちょっと年をとると、

顔や体などいろんなところがたるんできちゃいますよね。

中でも顔は、頬やあごの皮なんかが垂れてきて、

老けて見えるようになってしまいます。

 

よくあるのがまぶたのたるみ。

これ、実はコンタクトが原因でなってしまうということがあるんです。

それが「眼瞼下垂症」というもの。

 

コンタクトが原因って、どういうことなんでしょうか?

 

肩こりや頭痛も!眼瞼下垂症はハードコンタクトを外す時に注意

眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)というのは、

そのとおり瞼(まぶた)が下がってきてしまうという症状です。

 

一般的に、老化のせいで顔の皮がたるんできたりすることは

よくありますが、

この眼瞼下垂症は違う原因で起こってしまうものです。

 

眼瞼下垂症になるとまぶたが下がり気味になってしまうので

眠たくなるような表情に見えてしまいます。

 

また、まぶたのミュラー筋(眼輪筋)という筋肉が

衰えてしまうために起こるので、

それ以外の筋肉に負担がかかって

肩こりや頭痛などの原因にもなってしまうんだとか。

 

顔の中でも小さな部分であるまぶたが、

体にこんなにたくさんの不調をあらわしてしまうことになるんですね。

 

この眼瞼下垂症は、意外な原因があると言われているんですが、

その原因とは実は、ハードコンタクトレンズなんです。

 

まず理由なんですが大きくふたつあります。

 

まずひとつめは、ハードコンタクトレンズを外すときに

まぶたをぐいっと引っ張るということが挙げられます。

筋肉が切れてしまったり、

負担がかかってしまうことが原因になってしまうんですね。

 

だから、ハードコンタクトレンズを外すときには

「スポイト」を使うという方法をオススメします。

あまり知られていませんが、

ハードコンタクトレンズを外す用の専用のスポイトというのがあるんです。

 

だからそれを使えば、まぶたに負担をかけることなく外すことができます。

また、上のまぶたを引っ張らずに

下まぶたを引っ張ってコンタクトレンズを外すようにするのも有効です。

 

ハードコンタクトの刺激で眼瞼下垂症に!?手術でも治せる

ふたつめの原因として挙げられるのが、

ハードコンタクトレンズそのものが

まぶたの裏側とこすれて刺激になってしまうからということです。

 

ハードコンタクトレンズはその名の通り丈夫な作りになっているので、

どうしても柔軟性に欠けます。

 

ハードコンタクトレンズの付け外しについては、

スポイトを使えば良いと言いましたが、

正直、このふたつめの原因については予防法ってありませんよね。

 

あえて言うならば、ハードコンタクトレンズから

ソフトコンタクトレンズに乗り換えるということくらいでしょうか?(汗)

 

ソフトコンタクトレンズはやっぱりハードコンタクトレンズに比べて

格段に柔らかいですし、瞳に優しくフィットしてくれるようになっています。

 

だから、まぶたの裏側に対しても摩擦が少ないので、

刺激を与えるということもほとんどなくなります。

 

ちなみに、この眼瞼下垂症は手術で治すこともできます。

まぶたの筋肉を持ち上げる手術ですが、

気になるという方は調べてみるのも良いと思います。

PR

2013年12月6日 ハードコンタクトレンズが原因による眼瞼下垂症の予防とその治し方 はコメントを受け付けていません。 眼病