ハードコンタクトレンズとO2レンズってちょっと違うんでしょうか?

コンタクトレンズを使っている人、

とっても多いですよね。

 

中でもハードコンタクトレンズを使っている人もまだまだ多いんですが、

「O2レンズ」って聞いたことありませんか?

 

まあ、O2レンズというのは

ハードコンタクトレンズのことを言うんですが、

普通のハードコンタクトレンズといったい何が違うんでしょうか?

 

O2=酸素!目の健康に◎な酸素透過性ハードコンタクト

「O2」と聞いて何をイメージしますか?

多くの人が「酸素」を連想するんじゃないでしょうか?

O2レンズとはその名の通り、

酸素を通しやすいという意味をもつハードコンタクトレンズです。

 

つまり、ハードコンタクトレンズは

この酸素を通しやすいO2レンズと、

逆に酸素を通さないタイプのハードコンタクトレンズがある

ということなんですね。

 

さて、O2レンズというのは

ハードコンタクトレンズの中でも酸素を通すタイプの

ハードコンタクトレンズを指す意味と言うのはわかりましたね。

 

この他にも、

「酸素透過性ハードコンタクトレンズ」だとか

「RGPレンズ」なんて呼ばれたりもします。

 

酸素を通しやすいとどんなメリットがあるの?

と思うかもしれませんが、

これはコンタクト選びの際にとっても大事なことなんです!

 

コンタクトレンズをつけていると、充血しませんか?

目って、普段は空気から直接酸素や栄養を取り込んでいる場所なんですが、

コンタクトレンズをするとまるで

フタをされてしまったような状態になってしまうんです。

 

酸素が行き渡らなくなると、

目の奥の血管が「酸素不足だ!」と危険を感じて、

たくさん酸素を循環させようとするので充血してしまうんです。

 

ということは、普段コンタクトレンズをしていると

目は酸素不足の状態になっているというワケなんですね!

 

なので、O2レンズのように

酸素を通しやすいハードコンタクトレンズをつければ、

この酸素不足が解消されて充血しにくくなるとも言えます!

 

これまでコンタクトレンズの使用で充血に悩まされていた、

違和感や目の疲れがひどかったという方は

これらの症状を改善できるかもしれません。

 

O2レンズは酸素を通すけど汚れがつきやすいので注意!

さて、この酸素を通しやすいO2レンズなんですが、

最近販売されているハードコンタクトレンズは

だいたいこのO2レンズなので、

ハードコンタクトレンズ=O2レンズだと思っても

それほど差し支えありません。

 

ちなみに、このO2レンズは

酸素を通すというメリットはとっても大きいのですが、

酸素を通さないタイプのハードコンタクトレンズに比べて

汚れがつきやすいというデメリットがあります。。。

 

いくら酸素を通しやすいレンズとは言っても、

レンズに汚れがどんどん蓄積していくと、

だんだん酸素を通しにくくなっていきます。

 

なので、毎日のレンズケアはしっかりと行うようにしてくださいね!

また、余談ですがレンズに汚れがつきにくいように

表面を加工してあるというタイプも多くなっています。

 

この場合には、レンズケアを行うときにもちょっと注意が必要です。

ハードコンタクトレンズの洗浄液には

「研磨剤」が含まれているものと含まれていないものがあるって

知っていますか?

 

普段は研磨剤入りの洗浄液でがっつり汚れを落としていくのが

ベストなんですが、

表面加工を施してあるハードコンタクトレンズの場合には、

研磨剤入りの洗浄液を使うとこの加工が落ちてしまいます。

 

なので、使うハードコンタクトレンズは表面加工してあるかどうか、

使う洗浄液に研磨剤が入っているかどうか、

これをチェックして快適なハードコンタクトレンズライフを送ってくださいね!

PR

2013年12月16日 ハードコンタクトレンズとO2レンズってちょっと違うんでしょうか? はコメントを受け付けていません。 レンズ性能 酸素透過率