アイメイクが原因のドライアイが急増中!?なぜなんでしょうか?

アイメイク命!と言わんばかりにがっつりメイクをしている女性、

とっても多いですよね。

今では30代・40代の女性でもつけまつ毛とつけていたり、

カラーコンタクトをしていたり。

 

美しくメイクをしている方が増えましたが、

このアイメイクのせいでドライアイになるという人が急増しているんです!

アイメイクとドライアイって、

あんまり関係がないように思えますが、

なぜなんでしょうか?

 

ドライアイの原因は皮脂線をふさぐアイメイク!?

目力アップ・デカ目効果を生み出すために、

毎日アイメイクをしているという方も少なくありません。

 

今ではメザイクやアイプチ、

つけまつ毛などとにかくいろんなデカ目商品が販売されていますが、

そんなアイメイクが原因でドライアイになる人が。。

 

まず、このドライアイになるにはまつ毛の生え際にある

「マイボーム腺」という皮脂腺が大きく関わっています。

 

マイボーム腺というのは、

涙に含まれる油分を作り出す働きをしていたり、

普段の生活の中で次々あふれてくる涙がこぼれないようにせき止める働き、

さらに出てきた涙が蒸発しないよう、

涙の表面に油分の膜を張るという働きがあるんです。

 

そんな重要な役割を果たしているマイボーム腺ですが、

上まぶたには約50本、下まぶたには半分の約25本ほどがあるといわれています。

このマイボーム腺をアイメイクでふさいでしまうことによって、

ドライアイや雑菌に感染して目のトラブルが起こってしまうといわれているんです。

 

ドライアイ防止にはインラインメイクを控えて…しっかり落とそう

目力をよりアップさせるために、

まつ毛の生え際ギリギリのところにアイラインを引く、

いわゆるインラインをしているという人は特に注意が必要!

 

ジェルライナーやリキッドのライナー、

どれでも言えることなんですが、

べっとりとマイボーム腺を覆ってしまうために

油分が出てこなくなってしまうんです。

 

その結果、涙が蒸発しやすくなってしまうので

ドライアイになってしまうということなんですね。

 

もちろんアイメイクをするのは良いのですが、

しっかりと落とすことが重要なんです。

最近では、アイシャンプーという、

まつ毛専用のシャンプーなんてものが販売されているので、

アイメイクがちゃんと落とせてないかもな~という人は、

試してみるのも良いでしょう。

 

ちなみに、マイボーム腺の不調は前述のように

ドライアイを引き起こす原因となってしまいますが、

そのほかにも雑菌が入り込んで炎症を起こし、

「ものもらい」になってしまうこともあります。

 

インラインのようにまつ毛ギリギリまでがっつりアイメイクをしているという人は

特に毎日気を付けてケアしてくださいね。

PR

2013年12月6日 アイメイクが原因のドライアイが急増中!?なぜなんでしょうか? はコメントを受け付けていません。 ドライアイ