ドライアイの人に高評価!?ワンデーアクエアプロシーが選ばれる理由

ドライアイって、本当にやっかい。

すぐに目が乾いて痛くなってしまうし、

まばたきしてもなかなかすぐには目がうるおわないんですよね。

 

デスクワークでパソコンを一日中している人や、

常にスマホを見ているという人の多くが、

ドライアイになっていると言われています。

 

そんなドライアイの人から高評価を受けているという

コンタクトレンズがあるというんです!

 

まるで自分の目!角膜のような構造のワンデーアクエアプロシー

ドライアイは、

目の乾燥や病気などによって10秒以上目を開けていられなかったり、

痛みや乾燥、ゴロゴロ感が出てしまう…といった、

日常生活でもすごく気になってしまう不快感が続く症状です。

 

そんなドライアイでも

視力をクリアにするためにメガネやコンタクトレンズは欠かせませんが、

特にコンタクトレンズはつける物によって、

ドライアイが悪化してしまう恐れがあるということも…。

 

では、ドライアイの人には

どんなコンタクトレンズが合っているんでしょうか?

 

ドライアイの人から定評があると言われているのが

「ワンデーアクエアプロシー」というコンタクトレンズです。

 

このワンデーアクエアプロシーというのは、

クーパービジョンから販売されているコンタクトレンズで、

なんといってもつけていないかのような感覚になるという

目にとっても馴染みやすい構造と、

たっぷりとうるおいを閉じ込めたレンズが特徴的です。

 

まず、ワンデーアクエアプロシーのレンズの構造なんですが、

なんと目の表面である角膜に似せて作られた技術・バイオミメティクス(生体模倣)が

使われているんです。

 

だからつけた感じもとっても馴染みやすいですし、

ドライアイのように刺激に弱いという人でも

優しくつけられるというワケなんです。

 

ヒアルロン酸の2倍うるおう!ドライアイでも乾燥しにくいレンズ

ワンデーアクエアプロシーのもうひとつの特徴として、

乾きにくい・うるおいがたっぷり!ということがあります。

 

ドライアイは乾燥NG!ですから、

特にうるおい感の高いコンタクトレンズでないとつけられませんよね。

 

ワンデーアクエアプロシーのレンズ素材には、

MPCといううるおい成分が使われているんです。

 

このMPCというのは別名リピジュアとも呼ばれていて、

よく化粧品やスキンケア商品なんかに使われている成分です。

 

1グラムで6リットルもの水分を抱え込むことができるといわれている

ヒアルロン酸。

 

このヒアルロン酸の約2倍もの保水力を持っている(!)というのですから、

うるおいたっぷり…というのも簡単にイメージできますよね。

 

ワンデーアクエアプロシーはこのMPCが使われているおかげで、

含水率が60%と高くても乾燥を感じにくいようになっていて、

ドライアイの人にも使いやすいというわけなんですね。

 

ただ酸素透過率は22.8DK/Lということでちょっと低いんですが、

ワンデータイプなので毎日清潔に使えますし付け心地も快適。

 

そして最後に、

ワンデーアクエアプロシーは現在「プロクリアワンデー」という名称に

リニューアルされています。

 

もちろん、ワンデーアクエアプロシーとレンズ的にはなんの変わりもないので、

安心して使うことができますよ。

PR