目が乾きやすいコンタクトレンズってどうやって見分けるのでしょう?

コンタクトレンズ、

とっても多くの方が使っていると思いますが、

物によっては「すぐに目が乾いちゃう」

「乾燥して目が痛い」なんてことになってしまいますよね。

 

一方、また違うコンタクトレンズによっては

一日中つけていてもまったく乾燥を感じないということもありますが、

この乾きにくいコンタクトレンズと

乾きやすいコンタクトレンズ、

どうやって見分けたら良いんでしょうか?

 

乾きにくいコンタクトレンズが欲しいなら「含水率」を見るべし!

コンタクトレンズを購入するときに、

記載されているいろんなデータを参考にしますよね。

たとえば、DIA(レンズの直径)やBC(レンズの湾曲具合)など、

いろんな項目があります。

 

その中でも、レンズの乾燥に関するのが

「含水率」という項目です。

 

この含水率はその名の通り

コンタクトレンズに含まれている水分の量を言うんですが、

一般的には含水率が60%前後という

高い数字のコンタクトレンズは、

乾燥しやすいと言われています。

例外もあります。。)

 

含水率が高いんだから、乾燥とは無縁なんじゃないの?

なんて思っちゃうんですが、実は違うんです。

 

というのも、ソフトコンタクトレンズというのは

目につけると涙に包まれるような感じになります。

なので、レンズの表面も涙で覆われるというわけなんですが、

レンズで分断されるので、とっても薄い涙の層になるんです。

 

その層の厚みは、裸眼のときの約半分に、、

なので、レンズ表面の涙の層はすっごく蒸発しやすくなってしまうんですね。

 

レンズ表面にある涙の層はどんどん蒸発していき、

今度はレンズ表面が空気に直接触れるようになってしまい、

そしてレンズ自体に含まれる水分もじわじわっと蒸発していってしまうんです。

 

低含水率&シリコーンハイドロゲルは乾きにくくて目も健康に

すると、どうなるんでしょうか?

レンズ自体の水分も蒸発してしまうと、

今度は涙がレンズにどんどん吸収されていってしまうんです!

 

目はいつも涙でうるおっているんですが、

それが追いつかないほど涙がどんどんレンズに吸い込まれてしまうため、

目が乾いてしまうというワケなんです。

 

だから、逆に含水率が40%前後という低めの数値のものをつければ、

蒸発していく水分も少なくなるので、

レンズに吸い込まれてしまう涙も少なくなるということ。

(実は例外もあります。。)

 

ただ、レンズに含まれている水分が少ないと、

普通の素材を使ったコンタクトレンズの場合、

酸素を通しにくいレンズになるというデメリットもあります。

 

なので、低含水率のコンタクトレンズを使いたいというのであれば、

シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズを選ぶのがオススメです。

 

シリコーンハイドロゲル素材というのは、

なんと裸眼とほぼ変わらないほどの酸素透過率を誇る素材

 

なので、低含水率&シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズなら、

つけても目の乾燥を感じにくい上、

目にしっかりと酸素が行き渡るという

無敵(弱点もあり)のコンタクトレンズになっているわけなんですね。

PR

2013年12月6日 目が乾きやすいコンタクトレンズってどうやって見分けるのでしょう? はコメントを受け付けていません。 ドライアイ