ディファインが目の中でズレやすいのはなんでなんでしょうか?

日常生活に欠かせないコンタクト。

また、若い女性を中心におしゃれアイテムとして必須!

と言っても過言ではないほどの人気ぶりを見せているサークルレンズ。

 

どちらも使用するときに「BC」という表記を見たことはありませんか?

 

よく言われているのは、

ワンデーアキュビューディファインを装着するとズレやすいという話。

これが先ほどの「BC」と深く関係しているんです。

 

コンタクトがズレる…そんなときは「BC」に注目!

そもそも、コンタクトのパッケージなどに表記されている

「BC」とは何なのでしょうか?

これは「ベースカーブ」の略で、

眼球のカーブ具合を数値として表したものです。

 

眼球の丸み具合のことですね。

 

これはひとりひとり違っているので、

その人にピッタリのベースカーブ値のコンタクトをつける必要があります。

まあ、ソフトコンタクトの場合は結構アバウトですが。。

 

BCは、数値が大きければ大きいほどカーブが緩く、

逆に小さいほどカーブが急になります。

 

ですから、BCの小さいものをつければつけるほど

ギュッと瞳に固定されますし、

BCが大きければふんわりと瞳に乗っている、

というイメージでしょうか。

 

自分のBCに合わないものをつけてしまうと、

瞳がぎゅ~っと締め付けられるような感覚になってしまったり、

コンタクトが瞳からズレてしまうということもあるんです。

 

ですから、付け心地はもちろんのこと、

瞳にとって良くない環境になってしまうというわけなんですね。

 

ディファインの「BC」はちょっと小さめ?

前述にもありましたが、

ジョンソンアンドジョンソンのワンデーアキュビューディファインが

瞳の中でズレやすいという口コミをたびたび見かけることがあります。

 

ここで先ほどの「BC」を念頭においてチェックしてみましょう。

 

まず、ワンデーアキュビューディファインのBCは8.5、

2ウィークアキュビューディファインにいたってはBC8.3となっていますが、

一般的なコンタクト・カラーコンタクトのBCは8.6や8.7が多く見られます。

 

アキュビューディファインがズレるという方は、

BCが合っていないということが考えられます。

 

アキュビューディファインのようなサークルレンズとしては、

チバビジョンのイルミネートや、シードのアイコフレワンデーなどがBC8.6ですね。

 

また、BCが合っていないということ以外にも、

ドライアイのために瞳にうるおいが足りず、

摩擦係数が上がってしまいズレるということも考えられます。

 

こういった場合には、

シードのシードロップというコンタクトレンズ装着液を利用するのもOK。

 

このようにうるおいをプラスするアイテムで、

コンタクトの付け心地をなめらかにすることも可能なので

利用してみるのもいいと思います。

PR