角膜新生血管によって失明しないために気をつけるべきこととは?

私たちが生きていく上で、

まず第一に欠かせないものといえば酸素です。

酸素不足になればさまざまな病気になってしまいますし、

生きていくこともできません。

 

体中をめぐる酸素は、目にとっても必要不可欠なものです。

酸素不足によって引き起こされてしまう病気に

「角膜新生血管」というものがあります。

 

実はコンタクトが原因で引き起こされることが多いこの病気。

どんな病気なのか、どうしたら防ぐことができるのか、

コンタクトユーザー必見です。

 

血管ができちゃう!?失明の恐れもある角膜新生血管

通常、目のトラブルというと

目の乾きや充血などがありますよね。

この充血、どうして起こるかご存知でしょうか?

 

目の表面、角膜には実は血管がありません。

ですから、目の表面は直接外の空気から酸素を取り込んでいるという

働きをしています。

 

しかし、コンタクトをつけて角膜に蓋をしてしまうと

目が酸素不足になってしまい、

目の奥にある血管が角膜に酸素や栄養を運ぼうと頑張ることで

オーバーヒートしてしまいます。

 

そのために白目の部分の血管が膨れ、充血してしまうんです。

 

さて、気になる「角膜新生血管」という病気ですが、

これは先ほどの白目にできる充血とは違って、

「黒目」の部分に血管ができてしまう病気のことをいいます。

 

本来血管がないはずの角膜から、

酸素不足を解消しようとして新しく血管ができてしまうという症状です。

 

黒目部分にできた血管は徐々に視界にも入ってくるため、

最悪の場合は失明してしまうというとても恐ろしい病気なのです。

 

ちなみに、角膜の酸素不足は「角膜内皮細胞」の減少にも繋がってしまいます。

 

キーワードは「酸素不足」・コンタクト選びのポイント

ひどい場合には失明の恐れもある角膜新生血管。

治療によって治ったとしても、

完全に血管のあとが消えるかどうかはわかりません。

 

角膜新生血管を防ぐためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

角膜新生血管は、酸素不足によって起こる病気です。

ということは、瞳に酸素を行き渡らせることができれば大丈夫。

 

とは言っても、コンタクトの多くは酸素透過率が低いですし、

かと言ってすべて眼鏡に変えるというのも難しいですよね。

 

そこでオススメなのが、

裸眼並に酸素を通すことができるシリコーンハイドロゲル素材

使ったコンタクトレンズです。

 

コンタクトの洗浄に気を配ってケアしても、

そもそもコンタクト自体の酸素透過率が低ければ、

角膜新生血管を防ぐことはできません。

 

ですから、シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトのように、

酸素透過率の高いコンタクトを選ぶことが得策です。

 

酸素不足によって引き起こされる角膜新生血管。

快適なコンタクトライフを送るためにも、

コンタクト選びは慎重に行いたいものですね。

 

ちなみにシリコーンハイドロゲル素材を使ったコンタクトレンズは

こちらの記事で紹介しています。

PR

2013年10月2日 角膜新生血管によって失明しないために気をつけるべきこととは? はコメントを受け付けていません。 眼病