ブルーライトとドライアイってなにか関係があるんでしょうか?

最近CMなんかでもよく耳にするようになった

「ブルーライト」。

このブルーライトというのは、

たとえば私たちが毎日使っているスマートフォンやパソコン、

テレビといったLED液晶画面から出る光のことです。

 

このブルーライトが目の疲れや

いろいろな不調を引き起こすと言われているんですが、

ではデスクワークをする人に増えているというドライアイ、

このドライアイとブルーライトって何か関係あるんでしょうか?

 

ブルーライトって?実はドライアイより目の痛みと関係していた!

そもそもブルーライトというのは、

パソコンやスマホといったLED画面から発せられる、

紫外線よりもさらに波長が短い青色の光のことをいいます。

 

可視光線(人の目で見ることのできる光)の中でも最も力のある光なので、

目の奥まで入り込んできてしまいやすいんですね。

 

ブルーライトが私たちの体に何か影響を与えるの?

というと、よく寝るときに布団の中で眠くなるまで

スマホをいじってなんてことをしますよね。

でも、逆になかなか眠れない・目がさえてしまった!

ということ、ありませんか?

 

これがブルーライトの影響です。

 

ブルーライトは、眠気を誘うホルモンであるメラトニンの

分泌を抑えてしまう働きがあります。

これによって、目はさえたままでなかなか眠れないということが

起きてしまうんです。

 

ということは、ブルーライトとドライアイには

直接的な関係って、実はないんですね!

そもそもドライアイとは、

目をうるおす涙が少なくなったり、

乾燥などによってドライスポットができてしまうことが原因で起こります。

 

ブルーライトのせいで涙の層が薄くなるかどうか、

ということは実はまだあんまりわかっていないんですが、

それよりも、ブルーライトの強い力が

目の痛みと関係しているという方が有力になっています。

 

ドライアイ対策なら水分ストック可能!?なモイスチャーメガネ

パソコンやスマホによって

多く引き起こされる

ブルーライトのトラブルと、ドライアイ。

 

だから、ドライアイ対策のために

ブルーライト対策メガネを購入するという人も多いのですが、

実はあんまり意味がないかもしれないんですね。

 

では、ドライアイ対策に効果があるメガネってあるんでしょうか?

 

オススメなのが「JINSモイスチャー」というメガネ!

 

特許出願中というこのメガネは、

なんとフレームの横に水を入れるポケットがついているんです。

だからこのメガネをかけている間は、

メガネ内の湿度を高めてうるおすことができて、

眼科でも取り扱われているほどドライアイ対策に効果的だというんです。

 

さらに、このメガネの形も特徴があって、

横からホコリが入らないように、

水分を逃しにくいように目の周辺を覆うようなデザインになっているんです。

 

だからストックされた水分もしっかりキープして、

ドライアイの人でも快適に過ごすことができるようになっているんです!

 

ドライアイが気になるという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

PR

2013年12月6日 ブルーライトとドライアイってなにか関係があるんでしょうか? はコメントを受け付けていません。 ドライアイ